HARDSHELL BLOUSON [PV185-B04]
new
5bc1cbe8a6e6ee01f8000444 5bc1cbe8a6e6ee01f8000444 5bc1cbe8a6e6ee01f8000444 5bc1cbe8a6e6ee01f8000444 5bc1cbe8a6e6ee01f8000444 5bc1cbe8a6e6ee01f8000444 5bc1cbe8a6e6ee01f8000444 5bc1cbe8a6e6ee01f8000444 5bc1cbe8a6e6ee01f8000444 5bc1cbe8a6e6ee01f8000444

HARDSHELL BLOUSON [PV185-B04]

118,800 JPY

About shipping cost

  • Black / size 1

  • Black / size 2

  • Black / size 3

    SOLD OUT

<商品説明> 防水透湿素材である eVent® を使用したフードジャケット。 eVent は GORE-TEX とならぶ防水透湿素材で、特に透湿性の高さが特徴。防水性能では GORE-TEX が上回っているが、通常の都市生活では十分すぎる防水性能を eVent も兼ね備えている。東京のような湿度の高い都市では透湿性の高さが特筆すべき長所となる。 各シームは特殊ミシンによる独特なステッチワークにより接合されており、裏からはシームシーリング処理をする事で完全防水に仕立て上げた。シームテープはオリジナルを使用。 腕廻りは独特なパターンメイキングにより、可動域を確保している。 内側には着脱可能なショルダーストラップが付属しており、非着用時にはストラップによって背負うことができるフリーハンド仕様。 デザインとして簡単な注意書きが施されている場所には機能的なギミックがある。 【eVent®について】 英国BHA Altair社が開発した防水・透湿の機能素材で、高い透湿性=「ムレない」ことが特徴。 防水・透湿の機能素材といえば代表格はGORE-TEXとなるが、eVentもGORE-TECもともにePFTE膜とよばれる、水蒸気は通すが水は通さないメンブレンを使用しており、防水と透湿の双方の機能を実現している。GORE-TEXはこのメンブレン層にさらに汚染防止のコーティングをしているが、eVentはその加工を施しておらず、その結果、防水性ではコーティングのあるGORE-TEXが勝るが、透湿性ではコーティングがないeVentのほうが優れている。 数値上で見ると、透湿性を示す浸透圧は、eVentは30,000mg/㎡・24hで、これは3層のGORE-TEXの13,500mg/㎡・ 24hの2倍以上。一方、防水性を示す耐水圧は、3層のGORE-TEXで45,000mm以上で、eVentは30,000mmと劣るものの、30,000mmという数字は本格的な登山に耐えうるとされる20,000mmを大きく上回っており、レインウェアとしての使用には十分すぎるスペック。 <サイズスペック> サイズ1:身幅57 / 着丈65 / 裄丈85.5 サイズ2:身幅59 / 着丈67 / 裄丈88 サイズ3:身幅61 / 着丈69 / 裄丈90.5 <生産国> 日本